疲労回復効果のある食べ物

 

マッサージで疲労回復ができるのは蓄積された老廃物を取り除く事ができるからです。
では、根本的に体が元気になれる「食材」に注目してみましょう。

疲労をとるにはバランスのとれた食事をとる事が一番重要です。
その中でも特に「旬」を意識した食材を取り入れるとよいでしょう。

 

果物

 
果物は糖質・ビタミン・ミネラルの供給源として、疲労回復・脳の活性化・塩分や脂質の排出など様々な効果が期待できます。
1日200g(可食部)の摂取で健康増進に効果的とされています。

特に疲労回復を図りたい時は「柑橘類」と呼ばれるものを選びましょう。

ミカン・グレープフルーツ・夏ミカン・オレンジ・デコポン
レモン・すだち・シークワ―サー・ゆず・カボス など

 
調味料や薬味として食事に取り入れるのも効果的です。
 
 

お肉

 
動物性たんぱく質は疲労回復・新陳代謝に欠かせません。
肉の種類により含まれる栄養素が異なる為、疲れの種類によって食べ分けてみましょう。

豚肉

運動量・活動量が増え筋肉を多く動かす時、ビタミンB1が必要になります。
体内で作る事が出来ない為食事からの摂取が必要となります。

 

鶏肉

皮膚や喉・花の粘膜等を保護し、感染症の防止にもなります。鶏肉の中でも胸肉が多くイミダゾ―ルペプチドが含まれている為、坑疲労効果成分が科学的に認められています。

 

牛肉

脂肪代謝に不可欠なカルニチンが多く含まれています。中性脂肪や脂肪酸など体内の余分な脂肪分解を促し、エネルギーに転換します。

 

鯨肉

鯨特有の成分であるバレニンが多く含まれています。鉄分が多く含まれ、生理や貧血など体内の血液が少なくなっている時に役立ちます。

 
 

夏野菜

 
野菜の中でも夏に旬を迎える「夏野菜」は抗酸化成分を多く含み。疲労回復に効果的です。
生でも食べる事ができ、加熱してもビタミンが壊れにくい嬉しい効果があります。
 
 

甘酒

 
甘酒には疲労回復に必要なアミノ酸・ビタミンが多く含まれ、体内への吸収もよい飲み物です。
別名「飲み点滴」とも呼ばれ、体力の落ちる夏場にはエネルギー補給として江戸時代かた重宝されていたという言い伝えがある程です。

米麹から作られる甘酒はお酒のでんぷんを糖化し天然の甘さになります。

そのまま飲むのもいいですが、調味料として少量を煮物に加えてもコクが出ておいしくなります。
 
 

最後に

 
食欲がない時は無理をせず。食べやすく身体の負担にならない食事を心がけましょう。
日頃から様々な食材に慣れ親しんでおくことで疲れた時でも食べられるものを探しておくといいですですよ。

身体の中から、そしてマッサージで外からも健康になっていく事が大切です。
 
 

コメントは受け付けていません。